コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Engyprosopon grandisquama Engyprosopongrandisquama

世界大百科事典内のEngyprosopon grandisquamaの言及

【ダルマガレイ(達磨鰈)】より

…小型種が多く量も少ないのであまり利用されないが,地方によって多獲される種もあり,練製品,干物などにする。ダルマガレイEngyprosopon grandisquama(イラスト)は,本州中部以南に生息し,水深20m前後の沿岸域に多く見られる。体表は茶褐色に白色や薄茶色の小点で覆われている。…

※「Engyprosopon grandisquama」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Engyprosopon grandisquamaの関連キーワード達磨鰈

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android