コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Ethernetカード いーさーねっとかーど

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Ethernetカード

Ethernetに接続するためのカード。 バスタイプや接続できるケーブルの種類、使用しているネットワークコントローラLSIなどの種類に応じて数々の製品がある。代表的なものとしては、Novell社のNE1000/2000シリーズとその互換製品、SMC社のEliteシリーズ、3COM社のEtherlinkシリーズ、Intel社のEtherExpressシリーズなどがある。このうち、NovellのNE2000は互換製品が多く出回っており、入手が最も容易である。 ひと昔前はCPUを搭載したインテリジェントタイプのカードや、ネットワークバッファを共有メモリーにしたメモリーマップド形式のカード、DMA転送方式を採用したカードなども多かったが、低価格化を進めたり、カードのコンフィギュレーションの手間を軽減するために、最近ではI/O命令転送方式で、ジャンパピンなどを用いないソフトウェアコンフィギュレーション方式のものが主流となってきている。接続できるケーブルの種類も、以前は1種類か2種類のみであったが、現在では3種類(10BASE-5/10BASE-2/10BASE-T)とも揃えた、通称COMBOタイプも多い。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

Ethernetカードの関連キーワードNE2000互換CardBusイネーブラー

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android