コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Extensible Authentication Protocol

1件 の用語解説(Extensible Authentication Protocolの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Extensible Authentication Protocol

PPPを拡張した認証プロトコルで、IEEE802.1xとともに使うこと(IEEE802.1x/EAP)により、ユーザー認証セッションごとに異なった鍵を運用できる仕組み。主に無線LANで利用されるセキュリティ技術である。IEEE802.1x/EAPでは、ベンダーごとにさまざまな認証方法が用いられている。Windows XPサポートしているのは「EAP-MD5」と呼ばれる方法で、無線LANのクライアントのみを認証する方法だ。しかし、この方法ではアクセスポイントのなりすましに対応できないため、別の方法も用いられる。双方向でIDとパスワードによる認証を行なうのが、「EAP-LEAP」と呼ばれるシスコシステムズの実装だ。また、デジタル証明書によって身元を証明する「EAP-TLS」、サーバー側でデジタル証明書、クライアントPC側でIDとパスワードを使う「EAP-TTLS」や「EAP-PEAP」などの方法がある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Extensible Authentication Protocolの関連キーワードインターネットプロトコルエラー訂正プロトコル通信プロトコルネットワークプロトコルプロトコルスタック誤り訂正プロトコル拡張BN記法プロトコームプロトコールマルチリンクプロトコル

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone