コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

F―B断層

1件 の用語解説(F―B断層の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

F―B断層

2007年7月の中越沖地震(マグニチュード6・8)の震源とされ、柏崎刈羽原発の北西沖19キロから直下に及ぶ長さ36キロの活断層。東電は「長さ7~8キロで活断層ではない」との評価を見直し、03年に「長さ20キロの活断層」と国に報告したが、同地震後まで公表しなかった。東洋大の渡辺満久教授らはF―B断層は北方に延びる「佐渡海盆東縁断層」の一部だとし、50~60キロの活断層が存在する可能性を指摘。マグニチュード7・5級の地震を警戒すべきだ、と指摘している。

(2011-08-31 朝日新聞 朝刊 新潟全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

F―B断層の関連キーワードアルジェリアの要覧イタリアの要覧インドの要覧インドネシアの要覧ウガンダの要覧ウクライナの要覧ウルグアイの要覧エクアドルの要覧エジプトの要覧オマーンの要覧

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone