コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Fリーグ(フットサル) Fりーぐ/えふりーぐ/ふっとさるのFりーぐ/ふっとさるのえふりーぐ

1件 の用語解説(Fリーグ(フットサル)の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

Fリーグ(フットサル)

フットサルの全国リーグJリーグモデルに地域密着を目指したホームタウン制を採用、8チームが参加して2007年9月23日に開幕した。3回戦総当たりの21節のうち、7節は全チームが1会場に集結するセントラル方式をとり、残り14節がホーム・アンド・アウェー方式となっている。参加8チームは、ステラミーゴいわて花巻、バルドラール浦安ペスカドーラ町田湘南ベルマーレ名古屋オーシャンズシュライカー大阪デウソン神戸バサジィ大分フットサルは急速な普及とともに、競技スポーツとしても発展し、本格的な全国リーグの発足となった。将来はプロ化を視野に入れているが、開幕時点では完全なプロリーグにはなっていない。

(西部謙司 サッカージャーナリスト / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Fリーグ(フットサル)の関連キーワードJリーグセリーグパリーグアリーグJ2J1ナリーグ日本フットボールリーグ(JFL)中国サッカーリーグジャパンフットボールリーグ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone