コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

F 機関 えふきかん

世界大百科事典内のF 機関の言及

【特務機関】より

… 中国には辛亥革命以後,各地に駐在官が派遣され,上海,北京,南京,天津,済南,漢口,広東の駐在官を特務機関と称したが,日中戦争による占領地の拡大にともない,占領地の政治工作,行政指導,経済謀略などに暗躍するようになり,上海陸軍部,河北省特務機関(北京),南京特務機関,山東省特務機関(済南),漢口特務部などに改編され,1943年夏,連絡部と改称した。対南方機関としてはビルマ(現ミャンマー)工作の南機関,インド工作のF機関など臨時の機関が設置されたが,ビルマ攻略による軍政発足とともに南機関は解消し,F機関も謀略的色彩を除いた岩畔(豪雄)機関に発展解消した。占領地特務機関に類似の外国の機関として,日本占領アメリカ軍のCIC(Counterintelligence Corps)=対敵情報部隊などがあげられる。…

※「F 機関」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

F 機関の関連キーワードIr.D.F.ヴァウダヘマール〈D.F.ヴァウダ蒸気水揚げポンプ場〉ゼネラル・ダイナミックスFマクドネル・ダグラスFインダストリアル・エンジニアリングノースアメリカンFヘルムホルツの自由エネルギーグラマンFノースロップFナンセン国際難民事務所ノウム・オルガヌムインディペンデンスノウム・オルガヌムダイヤモンドの鑑定ニミッツ級航空母艦全ドイツ労働者協会公正雇用実施委員会スホイSuアペックスシールシュバイツァー熱力学第二法則