コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

F1の予選方法

1件 の用語解説(F1の予選方法の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

F1の予選方法

中嶋悟が出場していた1987~91年当時のF1グランプリの予選は、金曜に1回目、土曜に2回目があった。両日とも、午前中は練習走行、午後に1時間ずつの予選が設定されていた。各車が2回の予選時間内に出した1周の最速タイムが上のドライバーから順に、決勝のスタート位置が決まった。時間内に車の調整やタイヤ交換ができるので、ピットに戻って途中で車の設定を変えながら走った。両日とも晴れて同じような気温なら、通常は車の調整が進んだ2回目の記録の方が上回るが、2回目が雨で記録が伸びない場合もあるので、1回目も気は抜けない。予選に出場できるのは最大30台で、決勝に進めるのは26台。出場希望チームが増えた年には、実績のないチームに金曜早朝の予備予選が課され、上位の数台が午後の予選に出場できた。

(2012-05-24 朝日新聞 朝刊 愛知 地域総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

F1の予選方法の関連キーワードF1出場所中嶋悟ハンド世界最終予選第1次戦略兵器削減条約(START1)私学の躍進西日本短大付属高校硬式野球部F1の参戦資格F1の決勝スタート方法少年野球

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone