コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

F1の参戦資格

1件 の用語解説(F1の参戦資格の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

F1の参戦資格

F1グランプリに出場するには、国際自動車連盟スポーツ委員会(FISA)のF1スーパーライセンスが必要。1987年当時は、FISAが認定する国際規格フォーミュラレースに通算10回以上出場しているか、5位以上に年間5回入る実績などが必要だった。全日本F2選手権は国際規格に認定されている。中嶋悟は、年間10戦ほどある全日本F2だけでも6年間出場していたし、5位以内5回を上回る年間チャンピオンに5回なっていた。この要件を満たすドライバーは国内にも多いが、実際にF1で走るには、欧州のレースで走り、F1チームの幹部に評価されることが重要だった。

(2012-05-09 朝日新聞 朝刊 愛知全県 地域総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

F1の参戦資格の関連キーワードグランプリレースFIAF1GPグランプリモナコグランプリグランプリトクシュウF1上海GP決勝F1トルコGP決勝F1ハンガリーGP決勝F1グランプリレース

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone