FM 音源

大辞林 第三版の解説

FM 音源

電子楽器などで用いられる音源の一。複数の正弦波を組み合わせることによって、さまざまな種類の波形(音色)を合成できる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のFM 音源の言及

【コンピューターミュージック】より

…これは後の単体のシンセサイザーに受け継がれていく。コンピューターによる音響合成は,その後既成の楽器の音を模倣する方向と,新たな電子音を生み出す方向で探求が行われ,前者は商業的なシンセサイザーの音源(たとえばDX7に採用されたFM音源)に影響を与え,後者は前衛的な音楽創作に利用された。1968年頃,マシューズはムーアF.R.Mooreと共に,コンピューター制御でリアルタイムで作動するシステムGROOVEを開発した。…

※「FM 音源」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android