FPS―5

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

FPS―5

日本に向けて発射された弾道ミサイルを追尾するレーダー。カメの甲羅のような外観から「ガメラレーダー」と呼ばれる。高さ約30メートル、1辺が約20メートルの三角柱の形。アンテナを機械的に駆動させるのではなく、3面に固定式の多数のアンテナを備え、探知距離が長い。キャッチした情報は三沢の空自北部航空方面隊司令部、東京・府中の航空総隊司令部に送られ、それをもとに地対空誘導弾パトリオット3(PAC3)でミサイルを迎撃する。沖縄から青森まで日本列島の4カ所に配備され、「FPS―3改」と合わせ、連続してミサイルを補足する。日本の弾道ミサイル防衛(BMD)の「目」として、将来は米軍のレーダー網とも結び、イージス艦や地対空ミサイル部隊で迎撃するシステムの要とされる。

(2008-02-13 朝日新聞 朝刊 青森全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android