コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Fast ATA

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Fast ATA

米Quantumおよび米Seagate Technologyを中心に提唱されたIDEインターフェイスの実装方式の1つ。Enhanced IDE登場以前のIDE(ATA)と比較して、IDEの正式な規格であるATA-2で規定されている転送プロトコルのPIOモード3および、マルチワードDMAモード1に対応しており、最大転送レートはPIOで11.1Mbytes/sec、DMAで13.3Mbytes/secを実装するのが特長。つまり、その名が示すとおり、より高速になったATAといえる。Fast ATAはあくまでもIDEインターフェイス部分を規定するものであり、Enhanced IDEのように、528Mbytesを超えるディスク容量の扱い方や、2ポート以上のIDEインターフェイスの実装方法には関知しない。またハードディスク以外のデバイスについても、規定されていない。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

Fast ATAの関連キーワードDLTQEDQCDSQUIDスキッド診断装置量子量子暗号量子色力学量子ゲート量子コンピューター

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android