Fissidens

世界大百科事典内のFissidensの言及

【ホウオウゴケ】より

…蘚類のホウオウゴケ科,ホウオウゴケ属Fissidensの総称。世界に約900種が記録され,うち日本には40種余りある。とくに植物体が1cm以下の微小な種が多い。茎はほとんど分枝せず,葉は茎に左右2列につき,一平面上に規則正しく並ぶ。ホウオウゴケの名は植物体の端正な羽状の姿を,鳳凰(ほうおう)の尾羽に見たてたもの。葉の基部はアヤメの葉のように2片に分かれて,茎を強くはさむ。蒴(さく)は円筒形で直立または傾き,蒴歯は16枚で1列に並ぶ。…

※「Fissidens」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android