Flavianus

世界大百科事典内のFlavianusの言及

【ディオスコロス】より

単性論派分離の立役者。コンスタンティノープルのエウテュケスがキリストの人性とふつうの人間の人性とは異なるとして,キリスト単性論を主張したとき,これを支持し,エフェソスのいわゆる〈盗賊教会会議〉(449)を主宰して,コンスタンティノープル主教フラビアノスPhlabianos(フラウィアヌスFlavianus)その他をネストリウス的異端として弾劾した。しかしカルケドン公会議(451)で逆に罷免され,追放された。…

※「Flavianus」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android