コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Flying XMODEM

1件 の用語解説(Flying XMODEMの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Flying XMODEM

XMODEMプロトコルの一種で、XMODEMの転送効率を高めるための改良を施したもの。XMODEMでは、データを128bytes単位にまとめて転送するが、このとき1パケットを送信するたびに受信側から確認応答を返している。パケットの内容を正しく受け取れるとACK(Acknowledge)を、そうでなければNAK(Not Acknowledge)を返す。しかし確認応答をもらってからでなければ次のパケット(もしくは再送信パケット)を送れないため、無駄な待ち時間が生じてしまう。この待ち時間は通信遅延が大きくなるほど(遠くと通信するほど)増えていく。そこで、確認応答を待たずにパケットを次々と送る方法が考案された。これをflying XMODEMという。この場合、受信確認もまとめて(受信したパケットの分だけ)返送する。これにより、無駄な待ち時間がなくなり、通信路の使用率を100%近くまで引き上げることができるようになる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Flying XMODEMの関連キーワードインターネットプロトコルエラー訂正プロトコル通信プロトコルネットワークプロトコルプロトコルスタックロボット間ネットワークプロトコル誤り訂正プロトコルプロトコームプロトコールマルチリンクプロトコル

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone