コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Flying XMODEM

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Flying XMODEM

XMODEMプロトコルの一種で、XMODEMの転送効率を高めるための改良を施したもの。XMODEMでは、データを128bytes単位にまとめて転送するが、このとき1パケットを送信するたびに受信側から確認応答を返している。パケットの内容を正しく受け取れるとACK(Acknowledge)を、そうでなければNAK(Not Acknowledge)を返す。しかし確認応答をもらってからでなければ次のパケット(もしくは再送信パケット)を送れないため、無駄な待ち時間が生じてしまう。この待ち時間は通信遅延が大きくなるほど(遠くと通信するほど)増えていく。そこで、確認応答を待たずにパケットを次々と送る方法が考案された。これをflying XMODEMという。この場合、受信確認もまとめて(受信したパケットの分だけ)返送する。これにより、無駄な待ち時間がなくなり、通信路の使用率を100%近くまで引き上げることができるようになる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

Flying XMODEMの関連キーワードXmodem CRCYモデムXMODEMCRCB PlusXmodem 1Kバイナリ転送プロトコルバイナリメール

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android