Freitas Branco,L.de(英語表記)FreitasBrancoLde

世界大百科事典内のFreitas Branco,L.deの言及

【ポルトガル】より

…19世紀になるとイタリア・オペラの影響が著しく,民族的な特色は後退したが,世紀の後半から20世紀にかけてケイルAlfredo Keil(1850‐1907),ビアンナ・ダ・モッタJosé Vianna da Motta(1868‐1948)らが国民楽派としての活動をみせた。20世紀の印象主義的あるいは現代的語法の代表者としてはフレイタス・ブランコLuis de Freitas Branco(1890‐1955),ロペス・グラーサFernando Lopes Graça(1906‐ )らが挙げられよう。 以上は芸術音楽の略史であるが,ポルトガルには独自の民俗音楽もある。…

※「Freitas Branco,L.de」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android