コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

G型自動織機

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

G型自動織機

豊田佐吉翁が1924(大正13)年に発明した。糸が入ったシャトルという器具を自動で切り替えられるようにすることなどで生産性を大きく向上させ、繊維産業の発展に大きく寄与した。83年まで生産が続けられた。豊田自動織機製作所(現・豊田自動織桔の設立は発明から2年後の1926年。

(2006-07-07 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

G型自動織機の関連キーワード島津保次郎衣笠貞之助溝口健二村田実伊藤大輔清水宏山本嘉次郎実験映画ビダールビッチ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

G型自動織機の関連情報