コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

G型自動織機

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

G型自動織機

豊田佐吉翁が1924(大正13)年に発明した。糸が入ったシャトルという器具を自動で切り替えられるようにすることなどで生産性を大きく向上させ、繊維産業の発展に大きく寄与した。83年まで生産が続けられた。豊田自動織機製作所(現・豊田自動織桔の設立は発明から2年後の1926年。

(2006-07-07 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

G型自動織機の関連キーワード島津保次郎衣笠貞之助溝口健二村田実伊藤大輔清水宏山本嘉次郎実験映画ビダールビッチ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

G型自動織機の関連情報