コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

GAP Good Agricultural Practice

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

GAP Good Agricultural Practice

(よい農業の実践)の略で、適正農業規範と訳される。環境への配慮農薬の適正利用、品質の向上など生産者が守るべき管理基準が定められている。欧州が先駆的。行政個別事業者による認証制度があり、農家や食品業者などでつくるNPO法人「日本GAP協会」では、指標数が多く科学的な評価体制が整っている「JGAP」の取得を薦めている。

(2008-04-07 朝日新聞 朝刊 茨城 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

GAP Good Agricultural Practiceの関連キーワードグローバルGAP

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android