コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

GAP Good Agricultural Practice

1件 の用語解説(GAP Good Agricultural Practiceの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

GAP Good Agricultural Practice

(よい農業の実践)の略で、適正農業規範と訳される。環境への配慮や農薬の適正利用、品質の向上など生産者が守るべき管理基準が定められている。欧州が先駆的。行政や個別の事業者による認証制度があり、農家や食品業者などでつくるNPO法人「日本GAP協会」では、指標数が多く科学的な評価体制が整っている「JGAP」の取得を薦めている。

(2008-04-07 朝日新聞 朝刊 茨城 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

GAP Good Agricultural Practiceの関連キーワード商業的農業農業学校農業就業人口適正農業規範農業保険OJT研修農業環境規範農業所得農業の交易条件牧野勉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone