コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

GTE ジーティーイーGTE Corp.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

GTE
ジーティーイー
GTE Corp.

アメリカの電話事業,電子機器関連企業の持株会社。 1935年電話事業会社ゼネラル・テレフォン・コーポレーションとして設立,以後中小電話会社を吸収して発展。 59年電子機器有力メーカーのシルバニア・エレクトリック・プロダクツを買収してゼネラル・テレフォン・アンド・エレクトロニクスに社名を変更,82年に現名称となった。さらに関連企業を吸収して多角化を推進。 86年ユナイテッド・テレコミュニケーションと提携,91年コンテルを買収。国内 28州で 2190万回線を通してセル式電話の加入者 450万以上にサービスを行うほか,17州で携帯電話サービスを行なっている。 96年にはアメリカ総務庁との間で連邦携帯通信サービスの契約を結んだ。海外事業ではベネズエラ国有電話会社に 26%出資するほか,カナダ,アルゼンチンドミニカ共和国でも事業を展開している。売上構成は近距離 28%,ネットワークアクセス 21%長距離 12%,セル式 12%,番号案内6%,その他サービス 21%。年間営業収入 232億 6000万ドル,総資産 564億 9000万ドル,従業員数 51万 6000名 (1997) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

GTEの関連キーワードイェンゼン(Adolf Ellegard Jensen)アグテレックテルル水銀鉱(データノート)ティッセン(鉄鋼メーカー)カバダス アテーナゴラースIIジョージ コンレイデスウェスタン・ユニオンアッグテレク国立公園エーレンシュレーガームンク=ペーターセン合同製鋼[会社]トゥムクマケ山脈グンナルスソンチンギス・ハンイェルムスレウアクゾノーベルデンマーク文学ドラックマンサンドイッチ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

GTEの関連情報