コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

GXロケット

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

GXロケット

国の基幹ロケットであるH2A、科学衛星打ち上げ用のM5に続く第3のロケットとして02年度に開発が始まった。民間と文科省・宇宙機構、経済産業省開発費を負担し、製造や打ち上げは石川島播磨重工業などが出資したGX社が当たる。1号機打ち上げは05年度の予定だったが、現在は、10年度以降とする計画になっている。全体の開発費は当初の450億円から、さらに増える見込みだ。

(2006-10-27 朝日新聞 夕刊 科学1)

GXロケット

米アトラスロケットの1段目に自主開発のLNGエンジンを積んだ2段目をつなぐ中型ロケット。民間が1段目の購入とロケット全体のシステム統合、文科省と宇宙機構がエンジン開発、経済産業省が電子機器開発などを分担、完成後はIHI系企業ギャラクシーエクスプレス社が衛星打ち上げ事業に使う。

(2009-01-09 朝日新聞 朝刊 科学1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

GXロケットの関連キーワードJAXA

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android