コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Gc型 ジーシーがたGroup specific components

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

Gc型
ジーシーがた
Group specific components

ヒトの血清を寒天ゲルもしくはろ紙で電気泳動を行なった場合,α2 -グロブリン分画中に存在する蛋白の一種によって決定される血清型。生体内における機能は不明であるが,免疫電気泳動法を用いることにより,その遺伝的な違いが主として M.ヒルシュフェルドによって研究されてきた。通常 Gc1-1 ,Gc2-1 ,Gc2-2 の3種類の表現型が固定されるが,これらは Gc1 ,Gc2 という2種類の遺伝子によって決定されるもので,おのおのの遺伝子頻度には人種差がみられる。コーカソイドでは Gc1 は 0.66~0.77 ,ニグロイドでは 0.89~0.95 ,モンゴロイドでは両者の中間の値をとる。日本人では 0.75 ぐらいの値となる。以上の2種類の遺伝子のほかにきわめてまれな遺伝子もいくつか発見されてきている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

Gc型の関連キーワードNAVER

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android