コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Gnorimosphaeroma oregonensis Gnorimosphaeromaoregonensis

世界大百科事典内のGnorimosphaeroma oregonensisの言及

【コツブムシ(小粒虫)】より

…扁平な体を他の物に密着させてはうが,泳ぐのも非常に達者で,背を下にして泳ぐ。コツブムシ科には種類が多く,イソコツブムシGnorimosphaeroma oregonensis,シリケンウミセミDynoides dentisinusなどは汀線(ていせん)付近の石の下に,ニホンコツブムシCymodoce japonica,チビウミセミHolotelson tuberculatusなどは海藻中によく見られるが,なかには自由生活もしている。ヨツバコツブムシSphaeroma retrolaevisは水中の木材に,ナナツバコツブムシS.sieboldiiでは木材のほかに凝灰岩にまで穿孔(せんこう)する。…

※「Gnorimosphaeroma oregonensis」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Gnorimosphaeroma oregonensisの関連キーワード沼鉄鉱兼用船選鉱コツブムシ磯小粒虫偽ゴッサン二次成鉱床パイプハイドロモルファス土壌過程褐鉄鉱

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android