コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

GriffisWilliamEliot グリフィスウイリアム エリオット

1件 の用語解説(GriffisWilliamEliotの意味・用語解説を検索)

江戸・東京人物辞典の解説

GriffisWilliamEliot

1843〜1928(天保14年〜昭和3年)【教師】日本人留学生に感銘して来日。 日本学の先駆者。明治初期の来日外国人教師。米国の教育者・宗教家で大学在学中に福井藩留学生の日下部太郎と出会い、日本人の勤勉さに感銘して28歳のとき来日。はじめ福井藩で、1872年(明治5)から大学南校開成学校で化学・物理を教えた。日本学の草分けとして、日本人の文化や歴史について研究し、1874年帰国後は各地の教会で牧師を勤めながら日本文化を熱心に紹介した。ちなみに日下部太郎は数学でアメリカアカデミー賞初代の受賞者に選ばれるなど抜群の成績を残したが、結核を患い卒業前に死去した。

出典|財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

GriffisWilliamEliotの関連キーワード石井柏亭鏑木清方藤谷為脩安田靫彦市川左団次二世片桐貞中塚本里子天保銭人湯地定基