Group 3規格

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Group 3規格

FAX(ファクシミリ)の通信規格の1つ。現在最も広く利用されているFAXの規格がこのGroup 3である。Group 3は、最高で9600bpsの速度でデータの送信が可能で、データ圧縮機能もあり、A4 1枚のデータを30秒から1分程度で送信できる(実際の送信時間はイメージの内容によって異なる)。Group 3のFAXには、標準モードとファインモードの2種類があり、標準モードでは水平方向×垂直方向の解像度が200dpi×100dpi、ファインモードでは、200dpi×200dpiでイメージを送信できる(ただし解像度をあげると、必然的に送信時間も長くなる)。現在市販されているモデムの中にはFAX機能を持つものも多い。これらが対応しているFAXの規格はほとんどがこのGroup 3規格である。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android