コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Guillaume de Volpiano GuillaumedeVolpiano

世界大百科事典内のGuillaume de Volpianoの言及

【ディジョン】より

…作曲家ラモー,彫刻家リュード,建築技師エッフェルはいずれもディジョンで生まれた。ブルゴーニュ公国【志垣 嘉夫】
[美術]
 1002‐12年にクリュニーの修道士ギヨーム・ド・ボルピアノGuillaume de Volpiano(962‐1031)が建造させたサン・ベニーニュ大聖堂はクリプト(地下祭室)しか現存しないが,内陣は13世紀に,身廊は14世紀に完成され,ブルゴーニュ・ゴシック建築の典型をなす。ディジョンが芸術活動の一大中心地となるのは,14世紀後半から15世紀にかけてのバロア家ブルゴーニュ公4代の時代である。…

※「Guillaume de Volpiano」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Guillaume de Volpianoの関連キーワードシャンソン(フランス中世多声歌曲)ロンドーウィルヘルムテル宗教改革記念碑ウルバヌス5世ガバルニデュランチードゥランドゥスモンドリーアナーニ事件

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone