コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Gymnocarpium Gymnocarpium

世界大百科事典内のGymnocarpiumの言及

【ウサギシダ】より

…中部地方以北の本州と北海道の林下に生える繊細なメシダ科のシダ。北半球の温帯に広く分布する。根茎は細長く地中を横走し,葉をまばらにつける。根茎と葉柄には鱗片がつく。葉は全長20~50cm,葉柄は葉身より長くて細い。最下羽片は著しく大きく,葉身は五角形になり,2~3回羽状全裂,葉柄に対して傾いてつく。葉質はやわらかい。羽軸は中軸に関節する。胞子囊群は葉の辺縁よりにつき円形,包膜はない。 ウサギシダ属Gymnocarpiumは北半球の温帯に6種知られ,メシダ科に属する。…

※「Gymnocarpium」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android