コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Gyulai P. GyulaiP

世界大百科事典内のGyulai P.の言及

【ハンガリー】より

… 独立戦争(1848年革命)に敗れ,オーストリアの抑圧やテロなどの苦難の時代が続くが,この時代に活躍したアラニュマダーチなどの作品は,時代を反映したペシミスティックなものが多い。ほかに,小説家ケメーニKemény Zsigmond(1814‐75),寓意詩のトンパTompa Mihály(1817‐68),詩人のバイダVajda János(1827‐97),評論家ジュライGyulai Pál(1826‐1909)らが活躍した。 この後,1867年にオーストリアとのアウスグライヒ(妥協)により二重帝国が形成され,醒めた現実政治により経済的安定がもたらされ,散文が開花する市民社会の時代を迎えた。…

※「Gyulai P.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android