コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

H 定理(読み)えっちていり

世界大百科事典内のH 定理の言及

【統計力学】より

…ボルツマンは第2法則の解析的証明として,極小値がエントロピーに比例する量E=∫……∫flogfdxdydzdvxdvydvzを発見し,気体が固定壁に囲まれているときE(H関数と呼ばれる)は時間とともに減少することを証明した。これをボルツマンのH定理といい,これによりボルツマン自身はエントロピーは増大するという第2法則は証明されたと考えた。ただし,Eはエントロピーとは符号が異なるので,のち,バーバリが文字EHに変えた。…

※「H 定理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報