コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

H-Coal 法 えっちこーるほう

世界大百科事典内のH-Coal 法の言及

【石炭液化】より

…この技術は直接液化と間接液化に大別される。
[石炭の直接液化]
 固体である石炭を直接的に液体燃料に変換する方法で,原理によって,(1)低温乾留法(COED法),(2)接触水素化分解法(ベルギウス法,H‐Coal法),(3)非接触溶剤抽出法(SRC法,EDS法,ソルボリシス法)の3種類に分類される。(1)低温乾留法 石炭を比較的低温(400~600℃)で乾留し,得られる低温タールを精製して液体燃料とする方法で,COED(coal oil energy development)法などがあるが,液体製品の収率が低いのが欠点である。…

※「H-Coal 法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

H-Coal 法の関連キーワード瀝青炭石炭のタイプ石炭褐炭ゲリトポステリナイト炭燭炭ステラライト選炭輝炭球状石炭

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android