コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

H5亜型

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

H5亜型

鳥インフルエンザは、ウイルスに含まれている「ヘマグルチニン(H)」というたんぱく質の型によってH1からH16の亜型がある。H5とH7の亜型は、比較的毒性が強く、日本では「高病原性鳥インフルエンザ」に指定されている。ただ、同じH5亜型でも、毒性の強さはウイルスで異なる。また、ウイルスには「ノイラミニダーゼ(N)」という別のたんぱく質もあり、N1からN9に分かれる。インドネシアなどアジアでは数年前から、強毒性のH5N1型が流行。日本国内では、04年に山口県や京都府で発生した鳥インフルエンザはH5N1型だったが、05年の茨城県のケースは、弱毒性のH5N2型だった。

(2007-01-14 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

H5亜型の関連情報