コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

HarrisTownsend ハリス タウンゼント

江戸・東京人物辞典の解説

HarrisTownsend

1804〜1878(文化元年〜明治11年)【外交官】日米修好条約を締結。 列強に先駆けて、幕府の鎖国政策を崩した。アメリカの外交官。1854年の和親条約に基づき、1856年駐日総領事として着任。下田玉泉寺に日本初の領事館がおかれた。1858年ポーハタン号の艦上日米修好通商条約の締結に成功し、初代駐日公使となった。これが契機となり、日本はオランダ・ロシア・イギリス・フランスと次々と通商条約を結び、鎖国体制は完全に崩壊した。1862年、帰国。

出典|財団法人まちみらい千代田江戸・東京人物辞典について | 情報

HarrisTownsendの関連キーワードハリス(Townsend Harris)安政五か国条約安政の大獄下岡蓮杖唐人お吉開国

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android