コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

HarrisTownsend ハリス タウンゼント

1件 の用語解説(HarrisTownsendの意味・用語解説を検索)

江戸・東京人物辞典の解説

HarrisTownsend

1804〜1878(文化元年〜明治11年)【外交官】日米修好条約を締結。 列強に先駆けて、幕府の鎖国政策を崩した。アメリカの外交官。1854年の和親条約に基づき、1856年駐日総領事として着任。下田玉泉寺に日本初の領事館がおかれた。1858年ポーハタン号の艦上で日米修好通商条約の締結に成功し、初代駐日公使となった。これが契機となり、日本はオランダロシアイギリスフランスと次々と通商条約を結び、鎖国体制は完全に崩壊した。1862年、帰国。

出典|財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

HarrisTownsendの関連キーワード葉室頼寿斎藤月岑伊佐幸琢(5代)岩井重遠大橋宗桂(8)庫本恵範佐脇嵩雪関為山森下朋親

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone