コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Heilsgeschichte Heilsgeschichte

世界大百科事典内のHeilsgeschichteの言及

【契約】より

…〈新しい契約〉というのは旧約の預言者エレミヤの言葉であるが,それがキリストにおいて成就し,そしてキリスト教会はその〈新しい契約〉を聖餐式において祝う(キリストが最後の晩餐――それが聖餐式の起源――のとき〈これは,多くの人のために流すわたしの契約の血である〉と語ったことが《マルコによる福音書》14章24節にしるされており,《コリント人への第1の手紙》11章25節には〈この杯は,わたしの血による新しい契約である〉としるされている)。 契約の思想は,神と人間との関係に人格的倫理的質を与えただけでなく,〈古い契約〉と〈新しい契約〉という歴史的視野を与え,いわゆる〈救済史Heilsgeschichte〉という世界史的展望をもつ神学思想を生み出した。古代キリスト教世界ではエイレナイオスが救済史神学を樹立し,近代においては17世紀イギリスおよびアメリカのピューリタンたちや,ヨーロッパ大陸の改革派の神学者コッツェーユスJohannes Coccejus(1603‐69)が〈契約神学〉によって契約概念を新しく展開した。…

※「Heilsgeschichte」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Heilsgeschichteの関連キーワードカルビニズムオット

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android