Heimiella

世界大百科事典内のHeimiellaの言及

【オニイグチ(鬼猪口)】より

… オニイグチ科Strobilomycetaceaeの胞子は表面に突起または網目状ないしうね状の隆起模様があり,イグチ科の胞子が表面なめらかなのと異なる。この科にはキクバナイグチ属Boletellus,クロイグチ属Porphyrellus,ベニイグチ属Heimiellaなどがあり,今日までに12種ほどが記録されている。キクバナイグチBoletellus emodensis (Berk.) Sing.はかさがポンポンダリアのようで美しい。…

※「Heimiella」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android