コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Hermann I HermannI

世界大百科事典内のHermann Iの言及

【チューリンゲン】より

…次のルートウィヒ3世敬虔侯は,57年皇帝フリードリヒ1世のイタリア遠征に随行し,ハインリヒ獅子公との関係決裂にさいしては皇帝を助け,また第3回十字軍に参加して,90年帰途キプロスで死んだ。そのあとを弟のヘルマン1世Hermann I(1155ころ‐1217)が継ぐが,彼は文芸愛好の君主として知られ,ドイツ中世吟遊詩人の代表者であるワルター・フォン・デル・フォーゲルワイデ,ウォルフラム(エッシェンバハの)などが彼の宮廷のあるアイゼナハを訪れ,13世紀半ばに成立した長編抒情詩《ワルトブルクの歌合戦》は,中世チューリンゲン文化の全盛期をしのばせるものがある。13世紀初頭の方伯ルートウィヒ4世Ludwig IV der Heilige(1200‐27)は,ハンガリー王の娘,聖エリザベートと結婚したが,皇帝フリードリヒ2世に従って第5回十字軍に出征し,オトラントで死去した。…

※「Hermann I」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Hermann Iの関連キーワードヤコービ(Karl Gustav Jakob Jacobi)ワールブルク(Otto Heinrich Warburg)グリース(Johann Peter Griess)マイヤー(Kurt Heinrich Meyer)ウィット(Otto Nikolaus Witt)フィッシャー(Hans Fischer)フィッシャー(ドイツの彫刻家の一族)アメリカン・バレエ・シアターシュラーギントワイト兄弟ロールシャッハ・テストザイス・インクバルトワルトブルクの歌合戦フェニルヒドラゾンマウルブロン修道院ライヒシュタインアブデルハルデンショルレンマーベルリン市庁舎フェーリング液ケッセルリング

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android