Heterosaccus papillosus(英語表記)Heterosaccuspapillosus

世界大百科事典内のHeterosaccus papillosusの言及

【フクロムシ(囊虫)】より

… ウンモンフクロムシSacculina confragosaは扁平な繭形,長径10mm,短径5mmくらい,黄色をしており,磯にふつうにみられるイワガニやヒライソガニにつく。ニセフクロムシHeterosaccus papillosusは袋状をし,約13mmくらい,イシガニやフタホシイシガニに寄生する。異尾類のイソカニダマシの腹部には,袋状部が赤く,根状部が緑色をした長径5mm,短径2.5mmくらいのイタフクロムシLernaeodiscus okadaiと,大きな角状の突起を袋状部にもち,橙色をしたツノイタフクロムシL.cornutusとが寄生する。…

※「Heterosaccus papillosus」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android