コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Hib(ヒブ)

1件 の用語解説(Hib(ヒブ)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

Hib(ヒブ)

インフルエンザ菌b型」と呼ばれる細菌の略称。唾液(だえき)などを介して感染し、脳や脊髄(せきずい)を覆う髄膜の中にこの細菌が侵入すると感染症の「Hib髄膜炎」を引き起こす。とくに2歳未満に多く日本で年間約600人が罹患(りかん)するという推定もある。てんかんや聴力の障害が残ることや死に至る場合もある。

(2009-11-30 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Hib(ヒブ)の関連キーワードインフルエンザA型新型インフルエンザ(H1N1型)インフルインフルエンザ菌b型インフルエンザ脳症ヒブ衛星現象(細菌培養)細菌性髄膜炎とインフルエンザ菌b型(Hib)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone