コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Hishām b.‘Abd al-Malik HishambAbdalMalik

世界大百科事典内のHishām b.‘Abd al-Malikの言及

【ウマイヤ朝】より

…以後,国家の創建以来続いていた政府とアラブ部族民の対立,アラブ諸部族間の反目,シーア派やハワーリジュ派の反政府活動,非アラブ・ムスリムのマワーリーの不満,ウマイヤ家一族内の対立などが相関しあい,帝国の支配体制は弛緩した。ヒシャームHishām b.‘Abd al‐Malik(691‐743。在位724‐743)の国家再建策も効を奏せず,同朝は崩壊への道を進んだ。…

※「Hishām b.‘Abd al-Malik」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Hishām b.‘Abd al-Malikの関連キーワードイブン・アブド・アルハカムイブン・バットゥータムハンマドアブドゥラーイブン・サウドアブド・アルアジーズ・ブン・サウードイドリース朝イバード派コムギ(小麦)サイイド・アフマド・バレールビー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android