コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Hoffmann,F. HoffmannF

世界大百科事典内のHoffmann,F.の言及

【絵本】より

…1960年代に入るとキーピングCharles Keeping,ワイルドスミスBrian L.Wildsmithが目もさめるような華麗で独創的な手法をみせ,多血質で騒々しいブリッグズRaymond Briggs,それぞれに違ったコミックな画風のバーニンガムJohn BurninghamとオクセンバリーHellen Oxenburyなどが現れ新風をおくる。
[ドイツ]
 ドイツでは早くから民衆的な親しみをただよわせるリヒターLudwig Richter(1803‐84)によるベヒシュタインやグリムの挿絵本があり,ほかに詩人W.ブッシュの漫画絵本《マックスとモーリッツ》(1865)や,きわめて生活的な教訓にみちたホフマンHeinrich Hoffmann(1809‐94)の《もじゃもじゃペーター》(1848)が,世界的な影響をあたえた。このころはドイツの安い石版印刷が世界市場にはんらんした時代である。…

※「Hoffmann,F.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Hoffmann,F.の関連キーワードアストン(William George Aston)福井謙一ウエルドニヒホフマン病ホフマン式計算法ホフマンの舟歌ホフマン物語相良知安シャウディンシュトゥルーウェルペーターチュービンゲン学派

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android