コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Hyakinthia Hyakinthia

世界大百科事典内のHyakinthiaの言及

【植物】より

…しかしながら,農民はそれだけでは満足せず,森や山から樹霊を招来するばかりでなく,みずからの耕している大地の中に新しい神を設定する。例えば古代ギリシア人はヒュアキンティアHyakinthiaなる祭りを行ったが,この祭りは,アポロンの誤って投げた円盤があたって死んだ美少年ヒュアキントスを記念する春祭である。ところで,このヒュアキントスは実はヒアシンス,あるいは類似の植物を人格化,神格化したものであると考えられる。…

【ヒュアキントス】より

…特異な接尾辞(‐nth‐)をもつヒュアキントスの名は,本来ギリシア先住民族のもので,おそらく彼は死んでよみがえる穀物の精であったと考えられるが,その崇拝がのちに到来したアポロンにとって代わられた事実の説明として,上記の神話が生じたのであろう。アミュクライをも含めて広くドリス人の町々では,毎年夏至のころにヒュアキンティアHyakinthia祭が行われていた。【水谷 智洋】。…

※「Hyakinthia」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android