コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IBF 方式 あいびーえふほうしき

世界大百科事典内のIBF 方式の言及

【高揚力装置】より


[パワードリフト・システム]
 プロペラ機では,フラップを下げた翼にプロペラの後流を当てて下へ曲げる方法が利用されている。ジェット機ではターボファンエンジンを翼の前に置き,排気をフラップに当てて下へ曲げるEBF(externally blown flapの略)方式と,排気を翼の後縁から斜め下向きに吹き出すIBF(internally blown flapの略)方式に大別され,EBFのうち,排気を翼の上面に流しフラップに沿って下へ曲げるものはUSB(upper surface blowingの略)と呼ばれる(短距離離着陸機)。IBFはジェットフラップともいい,前述の吹出しフラップに似ているが,吹き出す空気量がずっと大きく,翼より後方まで噴出させて推力とする点が異なる。…

※「IBF 方式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

IBF 方式の関連キーワードビック ダルチニアンイベンダー ホリフィールドイベンダー ホリフィールドロイ(Jr.) ジョーンズバーナード ホプキンスオスカー デラホーヤジョージ フォアマンバーナード ホプキンスジョー カルザゲオスカー デラホーヤ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android