コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ICの社会実験

1件 の用語解説(ICの社会実験の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ICの社会実験

正式導入に先駆けて、利用見込み車両台数などの把握を目的に実施される。地元自治体などによる実施計画を国交省が採択し、県などを加えた社会実験の地区協議会が実施する。事業費は、高速道本線部分が国負担、周辺部分が地元負担とされる。SA利用型ICの場合、実験の結果によっては設置を取りやめ、料金ゲートなどを取り外すが、本線直結型は実験開始が事実上の認可にも位置付けられる。

(2008-08-20 朝日新聞 朝刊 富山全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ICの社会実験の関連キーワード先駆先駆者弾み車見込み違い駆込み訴え先駆け先駆ける見込み外れ掘り込み車庫見込み・見付け

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone