コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ICタグ(電子荷札)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ICタグ(電子荷札)

超小型のIC(集積回路)チップが埋め込まれ、バーコードより多くの情報を記録できる。外部の管理システムと無線で情報を送受信でき、商品識別などに実用化されており、IT(情報技術)社会の基盤として注目されている。

(2006-04-07 朝日新聞 朝刊 3経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

ICタグ(電子荷札)の関連キーワード有機エレクトロ・ルミネッセンスブックディテクションシステム日本出版インフラセンターAutoアクティブRFIDタグサトーホールディングスユビキタスIDセンター日特エンジニアリングセミアクティブタグ安心・安全ビジネスウェルキャットコアシステムズRFID タグユビキタス社会無線IDチップアクティブタグ無線ICタグRFIDタグパッシブタグユビキタス

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android