コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ICBM(大陸間弾道ミサイル)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ICBM(大陸間弾道ミサイル)

Intercontinental Ballistic Missileの略。米ソがICBMなどの削減を目指した戦略兵器制限条約(SALT)では、射程5500キロ以上と定義される。射程1万キロ以上のものもある。核弾頭を搭載し、敵国の首都や軍司令部などを直接攻撃し、戦争遂行能力を奪うことを想定している。米戦略国際問題研究所の報告などによると、米ロ中が保有するほか、インドが昨年12月に発射実験に成功したと発表した。

(2017-07-05 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

ICBM(大陸間弾道ミサイル)の関連キーワードintercontinental ballistic missile戦略的攻撃兵器制限暫定協定弾道弾早期警戒システムトライデントSLBMミジェットマンOTHレーダー戦略防衛構想戦略核兵器SSCSS平和運動タイタンSS24大浦洞GBI核戦略ABMMX

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ICBM(大陸間弾道ミサイル)の関連情報