コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ICMP あいしーえむぴー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ICMP

Internet Control Message Protocolの略で、エラー通知や通信状態の診断を行なうためのIP層のプロトコル。FTPやHTTPなどのアプリケーション層のプロトコルや、コネクションを確立してデータを転送するTCPでは、通信制御やエラー通知の仕組みが実装されている。しかし、IPは単なるデータ転送の機能しか持たないため、通信エラーが起きてもそれを知らせたり、通信条件やネットワークに関する情報を入手できない。そうしたIPの欠点を補うためにICMPが作られた。ICMPでは、IPパケットに載せてICMPメッセージが送られる。たとえば、通信中のエラーを検知したルーターやホストが、送信元のIPアドレスに対し、エラー情報を含んだICMPメッセージを送信してエラーが発生したことを伝える。ICMPメッセージには、宛先への到達不能や経路変更要求、時間超過、タイムスタンプの要求・応答などのメッセージがある。ネットワークのトラブルシューティングで利用されるpingやtracerouteなどのコマンドは、このICMPを利用している。なお、エラー通知が無限ループに陥らないよう、ICMPメッセージに対してICMPのエラーメッセージが送られることはない。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

ICMPの関連キーワードICMP Router Discovery MessagesTCP/IPスマーフ攻撃Ping

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android