ICU(読み)あいしーゆー

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ICU(Intensive Care Unit)
あいしーゆー

通常の医療設備では十分管理できない重症疾患や大手術後の患者を対象として、24時間連続監視のもとに、必要に応じて迅速な救急処置を講じうるように、病院内の一区域に設定された特殊治療施設。intensive care unitの略。集中治療室、集中監視施設などとよばれることもある。血圧、脈拍、心電図、呼吸数、尿量などを指標として患者の全身状態を昼夜を問わず把握する一方、これらの情報に基づく呼吸・循環管理、栄養・体液バランス維持などの対策を集中的に施すことを目的とする。このため、施設内では生体連続監視装置、血液ガス・血清電解質分析装置などが機能的に配置され、これらの機器を十分駆使しうる専門医と熟練看護師がそれぞれ交代で治療、看護に従事する。最近では、疾病対象ごとに施設が細分化される傾向にあり、重篤な心疾患を対象としたCCU(coronary care unit)、呼吸器疾患を対象としたRCU(respiratory care unit)、新生児の重症疾患を専門に扱うNICU(neonatal intensive care unit)などが各病院に設置されつつある。[井上通敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ICUの関連情報