コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IDE (ATAPI)

1件 の用語解説(IDE (ATAPI)の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

IDE (ATAPI)

高速化したE-IDE(Enhanced IDE)が現在の主流となっている。ANSI(米国規格協会)T13技術委員会は、ATA(AT Attachment)/ATAPI(AT Attachment Packet Interface)を規格化しており、E-IDEはATA-2/3に組み込まれている。Ultra DMA 66はATA-5として策定済み、Ultra DMA 100にあたるATA-6はプロジェクト番号“1410D"として2002年2月26日にドラフトが発表された。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IDE (ATAPI)の関連キーワードIDEeメールATAキャッシュメモリーディスクキャッシュ3DグラフィックスアクセラレーターHSPA高速炉BISDNE-MORB

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone