コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IDP方式 アイディーピーほうしきintegrated data processing system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

IDP方式
アイディーピーほうしき
integrated data processing system

コンピュータ用語で,一貫処理方式とも呼ばれる。単能機1台でデータを処理する場合でなく,多くの機械を組合せてデータを処理する方式で,最も重要なことはデータの入力や出力のコードが統一されていることである。最初に入力されたデータから,最終結果を得るまで一貫した処理を行い,不必要な重複を除き,また処理の途中でめんどうな人の介在を避け,能率のよい連続的,自動的な処理を行うことを目的としたデータ処理システムのことをいう。また企業や組織の内部における多くの情報処理システムを統合するトータル・システムと同義に使用する場合もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

IDP方式【アイディーピーほうしき】

integrated data processing systemの略。総合的データ処理方式。事務のオートメーション化の高度の方式。経営の末端で発生したデータがすべてコード化されて全体的な流れとして中心に送られ,中心では統計会計機,コンピューターなどを用いて計算,統計など情報の集中処理を行い,経営の管理,計画,判断などを敏速的確に行う方式。
→関連項目インダストリアル・エンジニアリングMIS

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android