コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IEEE802.11a/b/g/n アイトリプルイー ハチマルニイテンイチイチ エー/ビー/ジー/エヌ

1件 の用語解説(IEEE802.11a/b/g/nの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

IEEE802.11a/b/g/n

IEEEが策定した無線LANの規格。1997年に802.11が標準化され、その後、1999年に802.11bと802.11a、2003年に802.11g、2009年に802.11nを標準化し、通信速度と機能が向上している。IEEE802.11、同bは、2.4GHzの周波数帯を使用し、Bluetooth通信、動作中の電子レンジの干渉を受けやすい。伝送速度は最大22MbpsIEEE802.11aは、5GHzの周波数帯を使用し、伝送速度は最大54Mbps。IEEE802.11gは、2.4GHz帯を使用し、伝送速度は最大54Mbpsで、IEEE802.11bと互換性がある。IEEE802.11nは、2.4/5GHz帯を使用し、伝送速度は最大600Mbps、IEEE802.11aおよび同gと互換性がある。IEEE802.11nで伝送速度が大きく向上したのは、複数のアンテナを使うことでデータ転送量を増やすMIMO(Multiple Input Multiple Output)を採用していることが大きな要因である。市販の無線LAN機器(アクセスポイント等)には、IEEE802.11a/b/g/nのうち、複数またはすべてに対応している製品がある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IEEE802.11a/b/g/nの関連キーワードアドホックモードDVBPCMCIAPOSIXイーサネットモバイルWiMAXDVBHワイマックス食品規格

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

IEEE802.11a/b/g/nの関連情報