コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IEEE802.11a/b/g/n アイトリプルイー ハチマルニイテンイチイチ エー/ビー/ジー/エヌ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

IEEE802.11a/b/g/n

IEEEが策定した無線LANの規格。1997年に802.11が標準化され、その後、1999年に802.11bと802.11a、2003年に802.11g、2009年に802.11nを標準化し、通信速度と機能が向上している。IEEE802.11、同bは、2.4GHzの周波数帯を使用し、Bluetooth通信、動作中の電子レンジの干渉を受けやすい。伝送速度は最大22Mbps。IEEE802.11aは、5GHzの周波数帯を使用し、伝送速度は最大54Mbps。IEEE802.11gは、2.4GHz帯を使用し、伝送速度は最大54Mbpsで、IEEE802.11bと互換性がある。IEEE802.11nは、2.4/5GHz帯を使用し、伝送速度は最大600Mbps、IEEE802.11aおよび同gと互換性がある。IEEE802.11nで伝送速度が大きく向上したのは、複数のアンテナを使うことでデータ転送量を増やすMIMO(Multiple Input Multiple Output)を採用していることが大きな要因である。市販の無線LAN機器(アクセスポイント等)には、IEEE802.11a/b/g/nのうち、複数またはすべてに対応している製品がある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IEEE802.11a/b/g/nの関連キーワードFire PhoneモバイルルーターPepper

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android