コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IEEE802.11i あいとりぷるいーはちまるにてんいちいちあい

1件 の用語解説(IEEE802.11iの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

IEEE802.11i

2004年6月にIEEEが正式承認した、無線LANにおけるセキュリティ機能の規格。従来の無線LANのセキュリティの脆弱性を、WPAAESを採用することにより克服した。従来の暗号化方式WEPのセキュリティホールが指摘されたことと、IEEEがこの規格の承認に時間がかかりすぎたために、Wi-Fi Allianceは、IEEE802.11iの規格の一部であったWPAのみを先行して規格化した。そのため、IEEE802.11a/b/g対応機器には、ドライバーを更新するだけでWPAに対応できる。また、IEEE802.11iを利用するには、専用のチップが搭載された機器が必要なため、期待されていた規格の登場はインパクトの薄いものとなった。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IEEE802.11iの関連キーワードモバイルWiMAXコソボ単純承認承認否認南魚沼ワイマックスキングストン合意山田精一

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone