IHIの巨額損失

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

IHIの巨額損失

IHIは昨年9月、国内外のボイラー事業などで巨額損失が発生したと公表。同12月には約850億円の損失を決算計上することを決めた。その結果、昨年5月に246億円の営業黒字と発表していた07年3月期連結決算は56億円の営業赤字に訂正。06年9月中間決算も10億円の営業黒字から87億円の営業赤字に訂正された。東京証券取引所は今月9日付でIHI株を、投資家に注意喚起するために設けた「特設注意市場銘柄」に初指定した。

(2008-02-27 朝日新聞 朝刊 1総合)

IHIの巨額損失

昨年9月にボイラー事業の工事の遅れや欠陥などでの損失の存在を公表。12月に約850億円の損失計上を決めた。発表済みの07年3月期連結決算を営業黒字から赤字に訂正。08年3月期予想も400億円の営業黒字から赤字にし、今月10日には180億円の営業赤字に改めて下方修正した。損失が明らかになる前の昨年1月には公募増資で611億円を調達し、6月には300億円の社債を発行している。

(2008-04-19 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android