コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IMF(International Monetary Fund)

外国為替用語集の解説

IMF(International Monetary Fund)

国際通貨基金。国際通貨協力のための世界における中心機関。国際通貨システムの安定を維持し、危機の予防のために各国、地域および世界全体の経済・金融情勢をモニターし、経済の安定を促進し、経済危機や金融危機に対する脆弱性を改善し、生活水準の向上に繋がる政策を採るよう助言を行う。また、各加盟国の政策が国、地域および世界のそれぞれのレベルでどのような影響を与えるかを討議する場としての役割も果たす。さらに対外的な支払が外貨の受取りを超過するために外貨不足に陥るといった国際収支上の問題に加盟国が対応することを支援するため一時的に資金を融資したり、加盟国が経済の安定と成長のために必要な知識や機関を構築するため、技術支援やトレーニングを行う。2009年2月現在加盟国は185カ国、本部はワシントンDC

出典|(株)マネーパートナーズ外国為替用語集について | 情報

IMF(International Monetary Fund)の関連キーワードRAP(Rights Accumulation Programme)ワシントン・コンセンサス(Washington consensus)SDR(Special Drawing Rights)インダストリオール・グローバルユニオンH.J. ウィッテフェーンアグスティン カルステンス国際金属労連日本協議会コンディショナリティーコンディショナリティ国際金融安定性報告書IMF ポジションジョン リプスキーアマンド テタンコブレトンウッズ機関国際収支マニュアルIMF特別引出権キングストン合意IMFマニュアルIMF クオータIMFポジション

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android